緊張状態とは? 緊張しない方法であがり症と体をほぐす方法のコツ

緊張状態とは?

緊張状態は医学的にいうと、アドレナリンというホルモンが分泌している状態で、新鮮な酸素を脳へ送ろうとして、心臓興奮、血圧上昇、気管支拡張などの症状が起こる為、呼吸が早く浅くなり、エネルギーを重要な器官へ送ろうとして、消化活動の停止、唾液の停止などの反応をおこします。

具体的な症状としては、身体の防衛反応として喉が渇いたり、胃痙攣が起こったり、血管収縮が原因で手が冷えたりもします。

緊張状態は、人間が生きていくための重要な能力ですので適度な緊張は生活に欠かせないものです。
過度の緊張は逆に能力を減少させてしまうこともあるのです。

つまり、スポーツなどで試合をする時、仕事に集中する時、常にリラックスした状態では高い成果は望めないことからもいえるでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。