緊張をやわらげるには 緊張しない方法であがり症と体をほぐす方法のコツ

緊張をやわらげるには

リラックスすると身体は休まり、心拍数、血圧、呼吸数、筋肉の緊張度合も低くなり、恐れる、心配する、興奮することから逃れられます。

リラックス体操は、緊張をやわらげる方法としても有効ですが、心の安定、身体の健康維持にも効果があるようです。

リラックス体操
※強い光、大きな音のする場所は避けて、頭を支える座り心地の良い椅子
※アクセサリー、眼鏡、靴は外して身体をゆるめてください。

@目を閉じた状態で椅子に深く腰かけ背中を預けたら、深呼吸を10回します。
Aゆったりと椅子に腰かけて、息を吸う時は鼻から深く、吐く時は軽く開けた口から全部出すつもりで行います。

※肩、背中、脚の重みが、呼吸をする度に椅子にかかり、いすに沈んでいくようにイメージし、これを数分間繰り返します。
B終わったら元の姿勢に戻ります。

C両方の拳を、なるべく固く握り締め、10秒程度経過したら一気に力を抜き、30秒程度休んでください。

D顎に力を入れて大きな笑顔を作り10秒維持し、力を抜き、30秒程度休んでください。

Eかかとを床に押しつけて爪先を上げ10秒維持したあと、力を抜いて30秒の休み。

F肩を耳の高さまで上げ10秒維持したあと力を抜いて30秒の休み。

Gお腹を引っ込めて腹筋を10秒緊張させ、力を抜いて30秒休みます。

H眉を上げて頭皮を緊張させ10秒維持したあと力を抜いて30秒の休み。

I最後に静かに座ったまま深呼吸を10回繰り返します。


続いて
立つ時は、ゆっくり、目を閉じたら、次のように想像します。

「わたしは、外の階段を10段下り、静かな場所に立っています。」

「大好きな景色(静かな所が良い)を思い浮かべます。」

「階段を一段一段、降りていきます。」

一段下りる度、緊張が少しずつほぐれ、最後までおりたら腰を下ろし休みましょう。
気持ちいいところで、伸びをして目を開け、周囲を見回します。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。