緊張しない方法の訓練法は? 緊張しない方法であがり症と体をほぐす方法のコツ

対人恐怖症は日本特有

対人恐怖症とは?

日本特有の恐怖症の一つで、患者は人との接触を恐れて避けようとし、引き篭もりに発展する場合が多いと言えます。
一般的に、同性で同年代や小グループでの仲間づき合いが苦手です。
特に、親しくもなく初対面でもない半見知りの人との交わりを最も苦痛に感じるようですね。

対人恐怖症の原因について

日本では他人を傷つけるのではないか、みんなに迷惑をかけるのではないか、怒らせてしまうのではないかといった恐怖を感じることが対人恐怖症の原因で、基本的に他人の存在よりも、自分が人からどのように見られているのかということが不安の原因です。
ちなみに欧米では、自分が攻撃されるのではないか、社会的不器用さゆえに非難されるのではないかという恐怖があります。

対人恐怖症の発生

思春期の頃に起こり易く、年齢と共に自然に治る場合もあります。

人は集団での自己の役割を意識し始めるに伴って他人の目を気にするようになることが度を越してしまうと対人恐怖症と言う日本人特有の症状に変わります。

最初は、人前での言動が不自然になってしまい、恥ずかしい、困惑する、こわい、緊張するといった状態になってしまい人には受け入れられない、軽蔑されると考えるようです。

その後、症状が深刻になると、自分の欠点によって人に避けられている、嫌われているとまで考えてしまうのです。

もっと深刻になると、苦手な対人場面を避けようとして、学校や職場に行けなくなり、人前に出ることすら恐れて引き篭もってしまい、家族まで避けようとする場合があります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。