緊張しないようにあがり症を知る 緊張しない方法であがり症と体をほぐす方法のコツ

緊張(あがり)症について

緊張(あがり)症とは?
大勢の人の前で話したり、気になる人と顔を合わせたりといった、誰でも緊張したことがあるような場面を極度に恐れます。
その結果、生活や行動に支障をきたしてしまう状態です。

緊張(あがり)症の主な特徴

2、3個当てはまっても、緊張(あがり)症だと言うわけではありませんが、多すぎると、緊張症の可能性があります。
症状には個人差があります。

・よく喉が渇く。
・唾が上手く飲み込めない。
・声が震える、もしくは上擦る。
・膝が痙攣したようにカクカクと震える。
・会話の途中で、顔、脇、手、背中などに冷や汗が出る。
・自然と早口になったり、絶句したりする。
・自分の心臓の音が気になるほど大きくなる。
・会話の最中、身体の1部を無意識に触っている。
・思いもよらない言葉を口にしてしまう。
・考えていたように話しが出来ない。
・名前を呼ばれた時、席から立ち上がるまでに時間がかかる。
・歩いている時、右手と右足が同時に前に出る。
・列に並んでいる時、前列になるほどふらつく。
・人と話す時、身体が強張る。
・手を組んだ時、知らず知らずのうちに力を入れ過ぎている。
・相手の顔を見て話しが出来ない。
・異性と対面すると青ざめる、もしくは赤面する。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。