緊張しない為の自己暗示法とは? 緊張しない方法であがり症と体をほぐす方法のコツ

自己暗示で緊張しない

自己暗示をかける時は必ずプラスの暗示をかけてるようにしてください。

マイナスの暗示をかけてはいけません。

例えば、マイナスの暗示とは、私は緊張しないから大丈夫という風に暗示をかけてしまうと逆に緊張する可能性が高いのです。

プラスの暗示とは、目立ったら最高、自分は強運、上手くいくなどのプラスの暗示を試してみてください。

注意点としては、必要以上に自分をよく見せようとすると、ますます緊張してしまうことが証明されています。

いつもの自分を見てもらおうと、開き直ってしまうのがいいのかもしれません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。